HackDig : Dig high-quality web security articles for hacker

CODE BLUEの発表資料「バグハンターの愉しみ」を公開

2015-07-01 14:35
English version: http://mksben.l0.cm/2015/07/codeblue.html
--------------------------------------------------------

2014年12月に開催された国際セキュリティ会議、CODE BLUEで、「バグハンターの愉しみ」というタイトルで発表させて頂きました。先日、公式ページでスライドが公開されましたので、僕のスライドをここでも共有します。


CODE BLUE 2014 : バグハンターの愉しみ by キヌガワマサト Masato Kinugawa from CODE BLUE

他のスピーカーの方々のすごいプレゼンは以下で見られます。
http://codeblue.jp/2015/archive/2014/


僕はここ2年くらいではじめてセキュリティに関係する人と実際に顔をあわせる場に出るようになったのですが、そういった場で、やっていることの特異さから、自分の活動について多くの人に関心を持ってもらっていることに気が付きました。発表を聴いて頂いた方や資料を見てもらった方はご存知の通り、僕はここ数年間、個人で、脆弱性報酬制度を実施する企業の脆弱性を探して、その報酬を得ることを主な収入源にしてきました。近年になって、脆弱性を探すことのできる人を指す「バグハンター」という言葉も徐々に使われるようになってきた印象がありますが、それでも、バグの発見だけで生計を立てている人は世界中をみてもあまりききません。僕も気が付いたらそんな稀少種になってしまっていたのですが、そんなに自分に関心を持ってもらえているのなら、1度ちゃんとした場でありのままの職業バグハンターの姿を話してみようと思い、今回発表することを決めました。

第1回目や今回の他のスピーカーの難しい発表の数々を見て、自分が出ていっていいのだろうかとも思いましたが、結果的には、楽しんで聴いて頂けてよかったのではないかと思っています。そんな僕のライトな発表は、CODE BLUEのFacebookのページでは"軽妙な語り口"と表現されていて、なるほどそんな僕に配慮された絶妙な言い方もできるのかと感心しました。

発表を聴いて下さった皆様、ありがとうございました。少しでもバグを探すことの面白さをわかってもらえれば嬉しいです。
また、このような機会を与えて下さったCODE BLUE実行委員会の方々、特に代表の @_kana さん、CODE BLUEのことを教えて下さった @hasegawayosuke さん、発表内容について相談させて頂いた @takesako さんにも感謝します。

第3回目も開催されることが決まったようで、今年も面白い発表が行われることを期待しています。


Source: 7220636829819871228-tsop.3699932072393243538-golb:9991,moc.reggolb:gat

Read:2218 | Comments:0 | Tags:No Tag

“CODE BLUEの発表資料「バグハンターの愉しみ」を公開”0 Comments

Submit A Comment

Name:

Email:

Blog :

Verification Code:

Announce

Share high-quality web security related articles with you:)

Tools

Tag Cloud